読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【シロクロハチハチ】(88 keys)

東北の地方都市で鍵盤を弾くだけの人間のブログです。

暑さ寒さを彼岸以降に持ち越す系。

 4月も後半となりそろそろ通勤の折りに外套を羽織る姿もだいぶ少なくなって来ておる模様です。
 希代の寒がリスタであるところのチェシャさんは、さすがにマフラーは4月アタマに外れましたが、今なおコートの類いはなかなか脱げぬ。
 なぜならチェシャさんにとってコートを脱ぐと言うことはニット帽をキャストオフすることと同義だからです。
 チェシャさんの人となりを知っている方はご存じの通り、チェシャさんは10数年来のトゥキン。
 暑さ寒さにこの上なく敏感なのであります。
 この乙女の如き柔肌を風雨に晒す決断をするのはなかなかに勇気の要ることです。
 しかしその時ももう間近に迫ってるのではないかと。
 とりあえずしばらく暖かい日が続いてくれるのを祈るばかりです。
 
 
 花瓶はトルコキキョウと霞草。
 熊本産らしいですよ。

f:id:iShinkai:20170423220340j:plain

f:id:iShinkai:20170423220347j:plain

答えは風の中にある。

 春は別れと出逢いの季節、そして終わりと始まりの季節だとか。
 そんなわけで今週は宴席が続きなんだか疲れ気味です。
f:id:iShinkai:20170416224127j:plainf:id:iShinkai:20170416224134j:plain


 そんな中、先日はまたちょっと実家に顔を出して来ました。
 庭の桜も今が盛りと言う感じでございました。
 
 そして少しだけ実家の猫と和解できたような気がしないでもない気配をそこはかとなく感じ取ったような空気を醸し出しましたよ。
 しかし相変わらず写真は撮らせてはくれぬ。f:id:iShinkai:20170416224141j:plain
 
 そして本日は、半期に一度の脳内でただただ延々と「風に吹かれて」をリピートし続けるだけの1日でした。
 今回の試験会場は東北大学川内キャンパスでありました。
 もうアレですね、地下鉄駅を降りたらもうそこがキャンパスですもんね。便利にも程がありますね。
f:id:iShinkai:20170416224154j:plain
 ところで、チェシャさんもわりと最近知ったんですが、東北大学の学生を嘲る表現として「イカトン」なる言葉があるそうですね。
 チェシャさんのような「狭き門より入れ」と教えながらも入学の門戸は県内一広いと言う自己矛盾を拭えない私学を出た三流人間にとっては「うおっ東北大学でヤンスか旧帝大の御仁でヤンスか、あっしのような地頭の弱い下々の者が同じ空気を吸っててすいやせん午後ティー買って来やすかゲヘヘ」みたいな卑屈な態度を崩せないわけですがね。
 
 
 花瓶はアルストロメリアスターチス
 カーネーションは一部先週から続投です。
f:id:iShinkai:20170416224148j:plain

 

糸。

 母を見送りました。
 
 一連の式にはビックリするぐらいたくさんの人達が集まってくれました。
 世の中の潮流よりもずっと前時代的で保守的で変化を忌避するような地域で、女性、しかも相対的に外部と関わりの薄い専業主婦であった母が、父を含め近隣の人々誰もが驚くような数の人々に見送って頂いた。
 感謝の念に堪えません。
 父は「母さんは敵を作らない人だったからな」と笑っていました。
 (まあそんな母も人の好き嫌いは相応にあったようですが)f:id:iShinkai:20170410202150j:plainf:id:iShinkai:20170410202157j:plain

 ここでも一度話題にしましたが、母の病状は回復傾向にあり、それが故の今回の一件となってしまったようです。
 端的に言うと母が受けた治療には相応にリスクがあり、そのリスクを拾ってしまったと言うわけです。
 我々サイドは努めて楽観的に考えていたため完全に寝耳に水で、一通り見送りが済んで落ち着いた今もなお、正直なところ現実感に乏しいとさえ感じています。
 
 ただ、すぐそばで母をずっと見守って来た父にとってはそうではないかも知れない。
 
 母が去り灯火が消えたような我が家には老いた父と、故あって家を離れられない兄が残るばかり。
 チェシャさんは大学を出て、その数年後に実家も出て、以来だいぶ長いこと自由気侭な暮らしを許してもらっていましたが、そろそろあの家に戻るときが来たかと思います。
 差し当たっては完全に『他所の人』扱いされている飼い猫から信頼を勝ち取ることから始めなくてはなりません。
 
 あと実家にいると周りの人々に影響され自然と訛りが酷くなります。
 急なお休みを頂いたためおシゴト場と電話でやりとりする機会も相応にあったのですが、その際にうっかりと訛りが出て「おっと」となってしまうことが幾度かありました。f:id:iShinkai:20170410202211j:plain

 
 花瓶はカーネーション
 毎週花を活ける意味がひとつ増えてしまいました。

f:id:iShinkai:20170410202204j:plain

枯葉散る白いテラスの午後3時。

 4月となり年度も改まり、これはもうどう贔屓目に見ても晩冬とは言い難い頃合となって来ました。
 すっかり春めいて来ています。春メイトです。
 
 チェシャさん的には41歳の春でございます。
 元祖天才バカボンのパパと同い年ですよ。
 なので冷たい目で見ないで欲しいです。
 
 
 春と言えばバイク乗りにとってはシーズンの始まりでもあるわけです。
 チェシャさんのような俄かライダーにも等しく春は新たなる旅の訪れを告げる。
 今年はバイクのヘルメットを新調しようと思っています。
 メーカーさん的には『ヘルメットは3年ぐらいで換えてくださいね』と言うのがスタンスのようですね。
 チェシャさんが今使っているヘルメットはそれを大きく超えて存続している。
 仮に今チェシャさんが事故にでも遭えば、このヘルメットはあるいはチェシャさんの命を守るには充分な性能を発揮してくれないかも知れない。
 だがそれは耐用年数を大きく超えても交換を怠ったチェシャさんの責任であります。
 これはチェシャさんたち界隈で通りやすい例え話をすれば未だに Windows XP + IE 7 でネットを観てます。ぐらいの話なんじゃないかと。
 と言うわけで新しいヘルメットを物色するわけですが、そこそこのお値段のヘルメットを長く使い続けるよりは大して高くないものを2,3年で交換していく方がセキュリティポリシー的には望ましいんじゃないか。と考えました。
 近いうちにナンカイさんあたりに探しに行こうと思います。
 
 
 近頃、と言うほど近頃ではないのですが、ここしばらくは朝ゴハンはベーコンエッグ的なアレとコーヒーとヨーグルト。と言うカンジです。
 ヨーグルトは500mlぐらいのを小鉢に取り分けてヨーグルトソースをかけて頂く。みたいな運用をしていましたが、慌ただしい朝の時間、そこをもっと省力化したいと言う非機能要件に基づき、最近はもっぱらご存じダノンさんの小分けのやつをチョイスしています。
 季節限定のやつとかもあって、今は桜フレーバー的なやつが出てるんですが、冬季限定だったハチミツ味のやつがえらい美味しくてですね。
 出来れば通年売って欲しいと願う。

f:id:iShinkai:20170402224819j:plain

 
 マインド的にはフリージアがメインなんですが、フリージアと言う花は横に花が並ぶので画として良いカンジにまとめるのがなんか難しい。
 なかなか良い構図にならず軽くイライラするわけです。
 「オレはおこったぞーーー!!!!!フリージアーーーッ!!!!!」と叫んでしまいたくなる程度に。

f:id:iShinkai:20170402224829j:plain

Keep You Burning。

 お出掛けをしようと言う思いを挫く程度の頭痛に苛まれるのが日曜日の常と言う悪循環をなんとか断ち切れないものだろうかと言う願いはなかなか叶いませぬ。
 
 時はまさに年度末ですね。
 向かい風の勢いも増す感じです。
 
 今週の花瓶は、マーガレットとガーベラは先週から引き続き、加えてアルストロメリアを。
 戯れに使ってみた Lightroom mobile などアドビのモバイル系アプリのクォリティがビックリするぐらいすごくて Adobe の底力を思い知らされた感じでした。

f:id:iShinkai:20170326220800j:plain

桜はまだかいな。

 お彼岸ですね。
 スペイン語で「巨人」と言う意味ですね。
 
 
 そんなわけで本日は実家に軽く帰省をして参りました。
 
 ここではこれまで全くおハナシしたことがありませんが、昨年ぐらいから実家の母が入退院を繰り返しております。
 そして年が明けて1月終わりのあたりからまた入院し、改めて検査をしてみたらどうやらこれは穏やかじゃないんじゃないか、と言う話に。
 で、地元のイナカの病院から市内の病院に転院し、きちんと調べてもらったところ、案の定と言うかなんと言うか、肺にガンが見つかった。
 手術が出来ないほどに発見が遅かった割には恐らく非常に幸運なことに骨や脳などへの転移は見られず、腫瘍は肺だけに留まっておるそうです。
 以来抗がん剤の投与やら放射線治療やらを重ねて来たわけですが、良い感じに治療効果が出て先日なんとか退院にこぎ着けるまでに回復。
 2カ月ぶりぐらいに住み慣れた我が家への帰還が叶ったわけです。
 母のケースは恐らくかなり幸運な方で(ただまあ根治は見込めないらしい)、治療を続けていけば進行を可能な限り遅らせることは出来るようです。
 今後は、最近認可されたばかりの、えらいお高いお薬を使った免疫治療に入るようです。
 自己負担金も相応ですが、そうでない部分は当然公庫が支払ってくれる。
 高齢者医療制度に感謝の念が尽きませんが、逆に言えば母が肺ガンになりさえしなければ生じなかったはずの支出です。
 そんなわけで、チェシャさんはもともと一部のマナーの悪い喫煙者の皆さんに非常に厳しい目を向ける性質(たち)でしたが、この一件以来いっそう「歩きタバコとか●ねよクズが」と言う思いを禁じ得なくなったのでした。
 
 
 実家の裏の梅の樹が良い感じに花をつけていました。
 桜の樹も少しずつ蕾が大きくなって来ていました。
f:id:iShinkai:20170320211632j:plain
 
 花瓶は白のマーガレットとピンクのガーベラ。
 いわゆるひとつの【揺花草子。】セットでございます。

f:id:iShinkai:20170320211650j:plain

V8を讃えよ!!

 ものすごく不意の思いつきで少し前に話題になった「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を観たわけですが、家の外で近隣の子供たちが元気に走り回っている笑い声が「ヒャッハー!」と聞こえたのがこの思いつきの遠因であると思い至りました。
 
 
 花瓶はデンファレ
 そろそろ色んな花が出始めて来ています。

f:id:iShinkai:20170312221348j:plain